とあるバーテンダーの遺書

元ニート、社会不適合者がワインバーを創業するに至った経緯・体験・想いなどを飲食業やバー創業を志すアナタに捧げます。遺書というか自伝というか。。。

下手なテクニックよりお金

お店が続くかどうかは

 

運転資金が無くならない

=キャッシュアウトしない

 

という事にかかっている。

極論、これだけだ。

 

飲食店にとっての料理やサービスなどゆのソフト面、店構えや立地などのハード面など色々なテクニックや技術はあるだろう。

 

しかし、ランニングコストを抑え、資金がショートさえしなければ、店は潰れない。

 

経営なんて偉そうな言葉だけれど

その大半は、家賃と人件費に耐えられるかどうかだ。

 

特に家賃のインパクトはデカい。

1ヶ月 10万なら 1年間で 120万

30万なら 360万だ。

 

二階建ての自宅の一階を改装して店舗にしている飲食店はその出費はない。

 

上の数百万円があれば、設備・什器や食材、またはスキルアップや旅行・勉強など、店の魅力をあげる事に使う事ができる。

 

また客への値段を下げる事も容易だ。

 

よく飲食店を始める人が金融機関に事業計画書などといった大それたものを書いたり、所謂コンサルタントにデタラメな絵空事を吹聴される。

 

…が、現実は「毎月、家賃と人件費払ってイケるんですか?」ってのが正解。

 

特に個人店で、皮算用ではじいた客数を望むのは、よほどの実力や運がなければ難しい。

 

売上や収入から、ランニングコストの家賃や人件費、そして自分自身の生活費を払えるか?という事を意識すべきだ。

 

勝てば官軍という言葉がある。

 

最初2、3年は全くセンスがなくとも

キャッシュが潤沢で長年続けていれば、そこに味や魅力が出て、いつしかそれこそが強みになりうる場合がある。

 

事業の継続やそこから生まれる味や渋さは小手先のテクニックを凌駕する。