とあるバーテンダーの遺書

元ニート、社会不適合者がワインバーを創業するに至った経緯・体験・想いなどを飲食業やバー創業を志すアナタに捧げます。遺書というか自伝というか。。。

貧乏人が陥る 安売りの罠

まず、飲食の雇われで満足な給料をもらっている人は少ないだろう。

 

福利厚生もなく安価でコキ使われているはずだ。

 

そこでお金がないから安い店にいく。

 

チェーン店を除いて、素敵な個人店で安いとこは土地持ちが余裕でやっている場合が多い。

 

安い、上手い、サービスも良い。

 

「オレはこんな皆んなが気楽に集まれる場所を作りたい!」なーんて思ってしまうだろう。

 

だが、それは大いに間違いだ。

 

というか、ハマってはいけない罠だ。

 

独立を目指す飲食の人間は、なぜ彼らが余裕の商売が出来ているのか見抜かなければいけない。

 

安い店は素晴らしいが、土地をもたない独立志望の人間は、そんな叶いもしないビジネスモデルに憧れてはいけない。

 

多少高くても客が入っている、値段に対する説得力を持った店を研究すべきなのだ。

 

自分が貧しいからといって、貧しい人間達だけと親しくしてはいけないし、そういう店ばかり通ってはいけない。

 

高いお金をかけてでも愛される店の理由を洗い出し、金持ちの嗜好を理解すべきなのだ。

 

安いから良いわけじゃない。

高くても受け入れられればokなのだ。

 

というか、その方がはるかにレベルが高い。

 

安くしなければお客さんは来ない!

なーんて間違った価値観は捨ててしまおう。

 

これが僕が陥った深い罠だ。

 

これから商売を始める方は要注意。

 

ぜひ逆サイドを目指して欲しい。