とあるバーテンダーの遺書

元ニート、社会不適合者がワインバーを創業するに至った経緯・体験・想いなどを飲食業やバー創業を志すアナタに捧げます。遺書というか自伝というか。。。

高いから売れない は 安くても売れない

さて、自分が雇われていた時の話だ。

 

僕はバーの席料・チャージ 500円が高いと思っていた。

 

もっと安くすれば、お客さんがいっぱい呼べるのに…。

 

ただ「安く」という言葉は危険だ。

 

というか、思考停止に過ぎない。

 

実際、安くするしか能の無い商売は、その商売自体に魅力がない。

 

当時の自分を振り返ると、何の知識や技術、見聞も著しく乏しかった。

 

世の中を見渡してみれば、高くても売れている店やモノはいくらでもある。

 

高級なクルマ、化粧品、飲食店だと 一杯 数千円のワインがあきまくるワインバーなんてのも存在する。

 

高いから売れないわけでもなければ、安いから売れるわけでもない。

 

商売に大切なのはハッタリだと思う。

 

法外な値段をふっかけておいて、こう言ってみよう。

 

「お客さま、その値段は妥当です。

何故なら・・・だからです。」

 

理論の真虚が大切なのではなく、勢いや購買に至るまでのシチュエーションが大切。

 

安くするしか能がない貧乏人は

一度でも華やかな世界に触れてみるといいよ。

 

まぁ、そんな商売を立ち上げるにも

多少のキャッシュは必要なんだけれど。