とあるバーテンダーの遺書

元ニート、社会不適合者がワインバーを創業するに至った経緯・体験・想いなどを飲食業やバー創業を志すアナタに捧げます。遺書というか自伝というか。。。

馴れ合いでなく、実力で客をつかめ!

昨今は不況か好況かはさておき、

 

売り上げに困っている人達にはいつでも異業種交流会が絶賛好評中だ。

 

 

表だってそんな会に入らずとも、懇意にしてもらっているお店に足繁く通ったり、仲良くなったりしてみる人も多い。

 

が、「長いものに巻かれろ」という思想は一見 手堅い。というのが、即効性があり短期的に売り上げは上がるのだが、中身はペラペラだ。

 

寄らば大樹の陰

 

しかし、そこによって来ている人達は流されてやすい、言わばフワフワ浮ついた人間だ。

 

何かあれば、すぐに手のひらを返して店に来なくなるだろう。

 

何故なら、そういった人達の寄りそうべき場所は常に変化するのだから。

 

 

自分も痛いほど失敗してきたから分かるのだが、他力本願な時ほど本来自分がやるべき事を疎かにしている場合が多い。

 

もし興味があるなら、一度、そういった集まりに行ってみるといい。

 

大した努力もせずに、他人に依存している人間をゴマンと観る事ができるだろう。

 

自分が1人の消費者として、その人たちの商売を使いたい、もしくは買いたくなるような、チラシ、看板、店構え、ホームページ、キャンペーン、仕組み、など魅力があるだろうか?

 

極端な例だと、生き方が顔や姿に出て…かどうかはさておき、身なりがダラシなく見える方も多い気がする。

 

たまたま、お呼ばれした素晴らしい方はいるかもしれないが、本気で寄りかかって来ている人には注意が必要だ。

 

 

そんな人達が、もうそこに頼るしか手がないというのは思考停止でしかない。

 

イージーな結論は優しいが諸刃の剣となる。

 

それに気付かずに、時間が経てば経つほどダメージはデカい…

 

というか、取り返しがつかない人のなんと多いことか。

 

 

ホントに楽をしたいと願うなら、

 

高い志を持って

 

自分はもっとレベルの高いお客さんを捕まえれるはずだ!

 

俺は変な人間関係に頼らなくても、ちゃんとした仕組みを自分で作って集客できるはずだ!

 

と信じて欲しい。

 

自分を安く見積もって、人にこびへつらい、嫌な人達には囲まれて、嫌な仕事を続けていれば、スポイルしないわけがない。

 

ダラシない大人になりたくなければ、

今すぐ決断すべきなのだ。

 

オレは高みに登る。

 

実力で仕事をとる。…と。

 

 

つまり、

 

最初テキトーにやって楽して、後から人生詰むか?

 

もしくは、最初は苦しくとも後から楽するか?

 

どちらかって話だ。

 

常に選択の自由は与えられている。